logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
26 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 26

もっと...

Re: V2.4.0のライティングについて

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: V2.4.0のライティングについて

msg# 1.1.1.1.1.1.2.1
depth:
7
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011-9-11 18:48
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 635
toshiさん、こんにちは。
hideです。
 シーナリーフォルダについて、重ねてご教示をありがとうございました。お陰様で、あれこれ知識が整理されました。今後は多分、Terrasyncを主体に使っていけば、問題はなさそうに思われます。
 また「カスタマイズしたモデルが「重ねがき」のように出現するかどうか」につきまして、簡単なテストを行ってみましたが、一応うまく行くようです。
 Terrasyncで自動取得したオブジェクトをUFOで再配置し、ダンプした座標をFlightGear/data/Scenery 内に新設した stg ファイルに書き込んだところ、再配置オブジェクトもオリジナルの方も、ともに問題なく、同一シーナリー上に表示されました。またstg ファイルの置き場所を、FlightGear/Scenery 内に変更しても、同様にうまく表示されました。オブジェクト自体の置き場所は今回、特に変化させていませんので、十分なテストではありませんが、自作オブジェクトの格納位置は、fg-sceneryの記載順がTerrasyncより上であれば、どのパスを使っても問題はないのではないか、と期待しています。
 いずれにしましても、FlightGearのバージョンアップの際に、一部の自作ビル群が姿を消してしまう、といった悲劇を繰り返さないためには、ちゃんと置き場所を固定する必要があります…(^^;)。
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ybajycys 2020-4-3
ujehazely 2020-4-3
omywici 2020-4-3
olenix 2020-4-3
uqixum 2020-4-3
abekezy 2020-4-3
yzira 2020-4-3
yjemyxy 2020-4-3
izapyta 2020-4-3
emaheziv 2020-4-3
 最近の画像(画像付)
FA-200に180ps仕様を... (2020-2-22)
FA-200に180ps仕様を...
自作10機目 FA... (2020-2-8)
自作10機目 FA...
植生図を利用した北... (2019-6-16)
植生図を利用した北...
空が真っ暗に (2019-5-18)
空が真っ暗に
植生図を使用した富... (2019-4-15)
植生図を使用した富...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET