logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
119 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 119

もっと...

Re: 各種ライティングの設定について

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 各種ライティングの設定について

msg# 1.1.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2011-5-24 12:14
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 650
Hydeさん。
 hideです。空港の灯火に関するお話のうち、分かったことをご報告します。
滑走路灯は、制御の仕組みが分かりませんでしたが、Airport beacon light(飛行場灯台)につきましては、FlightGear/data/Models/Airport フォルダの中に、3Dオブジェクトや点灯制御用の beacon.xml ファイルが見つかりました。
 この中身をざっと見ますと…私もまだよく読めませんが…灯台のモデルは1種類しか用意されていないようで、太陽が地平線以下にあるときに、自動的に点灯するようになっています。従って昼間は消え、逆に夜間は空港の運用時間外でも点灯しっぱなしです。

 視程が短いというご指摘は、私も同感なのですが、基本的には変更できないようです。FlightGearの飛行場灯台の光は、メインとなる白と緑のFlash(閃光)が、直径50mの円盤状発光体としてプログラムされており、最大16000m先から見えます。Flashの中央寄りの、特に明るい部分は最大1000m先から、また回転する白と緑のHalo(細い円錐形の光芒)は最大750m先から見えます。これらの数値は固定です。
 日本では、飛行場灯台のスペックは航空施行規則で定められていることが分かったので、さっそく調べてみましたが、「実効光度は、陸上空港等又は水上空港等にあつては二千カンデラ以上であり、ヘリポートにあつては二千五百カンデラ以上であること」とあるものの、実際にどのくらいの距離を想定しているかは、残念ながら分かりませんでした。また点灯すべき時間帯も、現時点では不明です。
 もし改造されるのでしたら、FlightGear/data/Models/Airport/beacon.xml のなかに、視程などの数値が書かれていますので、バックアップを取られた上で、変更してみる価値はあると思います。なお点灯/消灯を制御する太陽の高度は <property>/sim/time/sun-angle-rad</property> という部分に記述があり、表記から分かるように radian ですが、altitude ではなく Zenith Distance(頂距=天頂からの角度=高度角の余角)であることにご注意下さい。従って1.57(90度)以上が「夜」となります。点灯時間帯を昼側へ広げるのでしたら、数値を小さくする必要があります。

 余談ですが、かつては飛行場灯台のほかに「航空灯台」があったものの、日本では平成8年に全廃された、ということを初めて知りました。目的別に3種類あり、うち「地標航空灯台」(landmark beacon)は、NDBのようにモールス符号を出すものもあったそうです。もし現存していれば、面白かったのですが…航法大好き人間としましては、ちょっと残念です。
投票数:4 平均点:7.50

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
tr1winbe7z 2024-4-19
uvoluv 2024-4-19
ybokimi 2024-4-19
edytekyk 2024-4-19
ofugiq 2024-4-19
ahasexo 2024-4-19
enijoviji 2024-4-18
neverim199 2024-4-18
winlive 2024-4-18
ronyerwin 2024-4-18
 最近の画像(画像付)
自作11機目 F/A-18... (2022-5-27)
自作11機目 F/A-18...
飛んでみる八尾空港 (2022-4-10)
飛んでみる八尾空港
作ってみる八尾空港 (2022-4-2)
作ってみる八尾空港
F117 nighthawk (2021-5-19)
F117 nighthawk
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET