logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
26 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 26

もっと...

Re: Ubuntu へのインストール

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: Ubuntu へのインストール

msg# 1.5
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2011-5-15 11:32 | 最終変更
toshi  長老   投稿数: 1529
こんにちは、toshiです。

Brisaのインストールスクリプトを久しぶりに試してみようと思ったら、ダウンロード先が変わっていました。

スクリプトの最新版:
http://assistenza.larasrl.net/brisa/fgfs/download_and_compile.sh

(参考: [Flightgear-devel] download_and_compile.sh script link)

以下、いくつかのミニ知識です。

スクリプトのアップロード日を確認するには、一つ上の階層の
http://assistenza.larasrl.net/brisa/fgfs/
を見てください。ただし、イタリア語の省略形月名が使われていて、
download_and_compile.sh 10-mag-2011 16:41 30K
は、2011年5月10日です。
# mag. = magnum = 5月 らしい。

download_and_compile.sh は gitorious にもあり、英語wikiページの「Scripted Compilation on Linux Debian/Ubuntu」でもgitorious上のdownload_and_compile.shにリンクをしています。
しかし、gitorious上のスクリプトは、今年2月に登録されて以降更新されておらず、しかも元のbrisaのスクリプトとちょっと異なる内容になっていますので注意が必要です。
参考: History for master:download_and_compile.sh

download_and_compile.sh に -s オプションを付けると、最新の安定版をコンパイルするようです。
以下は -h オプションで表示される現時点でのオプション一覧です。
(-s オプションは default=y となっていますが、helpが間違っている気がします。)

./download_and_compile.sh Version 1.3
Usage:
././download_and_compile.sh [-u] [-h] [-s] [-e] [-g] [-a y|n] [-c y|n] [-p y|n] [-d y|n] [-r y|n] [ALL|PLIB|OSG|SIMGEAR|FGFS|FGRUN|FGCOM|FGCOMGUI|ATLAS] [UPDATE]
* without options it recompiles: PLIB,OSG,SIMGEAR,FGFS,FGRUN
* Using ALL compiles everything
* Adding UPDATE it does not rebuild all (faster but to use only after one successfull first compile)
Switches:
* -u such as using UPDATE
* -h show this help
* -e compile FlightGear with --with-eventinput option (experimental)
* -g compile with debug info for gcc
* -a y|n y=do an apt-get update n=skip apt-get update default=y
* -p y|n y=download packages n=skip download packages default=y
* -c y|n y=compile programs n=do not compile programs default=y
* -d y|n y=fetch programs from internet (cvs, svn, etc...) n=do not fetch default=y
* -j X Add -jX to the make compilation default=None
* -O X Add -OX to the make compilation default=None
* -r y|n y=reconfigure programs before compiling them n=do not reconfigure default=y
* -s compile only last stable known versions default=y

何もオプションをつけずにスクリプトを実行した時のOpenSceneGraphのバージョンは、これまでは最新のOSG/SVN headだったのですが、現時点のスクリプトではOSG 2.9.10を使用するように修正されています。
これは、OSG 2.9.11以降にはテキスト表示のバグがあるためです。
このバグに対してつい最近改善が図られて現在テスト中のようですので、いずれスクリプトでもOSG/SVN headを使うように戻るかもしれません。

参考:
http://www.mail-archive.com/flightgear-devel@lists.sourceforge.net/msg31958.html
http://code.google.com/p/flightgear-bugs/issues/detail?id=268
投票数:4 平均点:7.50

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ohuxeb 2024-5-26
uqozav 2024-5-25
ykozusa 2024-5-25
aviator9 2024-5-25
edotupu 2024-5-25
evymes 2024-5-25
cus875 2024-5-25
delhigirl 2024-5-25
ypehoqy 2024-5-25
ugeqedo 2024-5-25
 最近の画像(画像付)
自作11機目 F/A-18... (2022-5-27)
自作11機目 F/A-18...
飛んでみる八尾空港 (2022-4-10)
飛んでみる八尾空港
作ってみる八尾空港 (2022-4-2)
作ってみる八尾空港
F117 nighthawk (2021-5-19)
F117 nighthawk
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET