logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
40 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 39

adesu もっと...

Re: パソコン「休止」に時間が掛かる

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: パソコン「休止」に時間が掛かる

msg# 1.4
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009-1-24 9:13
hide  長老 居住地: 兵庫県  投稿数: 650
hideです。
 toshiさん、毎度ありがとうございます。
改造中の機体や計器データ、Atlas関係のバッチファイルなどは、ご指摘通り
待避してありましたので、FlightGearとAtlasを再インストールし、シーナリ
ーのパスだけ設定し直して起動に成功、さっそくショートフライトを試して
改造機体の無事を確認し、ホッとしました(^^)。
(私は、Cドライブのフラグメンテーション発生を抑制する目的で、解凍や
消去の多いマップ関連のデータを、すべてDドライブに入れています。Atlas
もpngファイルが結構かさばりますので、DドライブにダミーのFlightGear
/bin/Win32フォルダを作って展開しています。従って再インストールした時
は、FlightGearのランチャーと、Install & Uninnstall Scenery の
パスを再設定する必要があります)

 また、読めなくなった写真のタグ情報を取り戻す方法ですが、ファイルを
調べて、あれこれ考えました。
 写真には1枚ごとに、JPEG画像、タグ情報、サムネイル、iniファイルの
4つのデータがありまして、このうちiniファイルのみ、復元ポイント以降が
消えてしまい、計44枚分のタグ情報(バイナリ)が、アプリに表示されなく
なっています。幸い、これらの写真を今日明日にも再利用する可能性は薄く、
その場合も撮影後間もないので、メモや資料を見て、1枚だけキャプション
を書き直せばしのげます。ただし長期保存の必要はあり、復旧にはご指摘の
通り、システムの復元を取り消すしかなさそうです。
 これを混乱なく実行するには、
(1)「HD革命 Backup7」で、起動ボリュームを丸ごとバックアップ。
(2)システム復元の取り消しを実行。
(3)消えたiniファイルを回収。
(4)バックアップした起動ボリュームをリカバリー。
(5)復元した現在の環境に、回収済みiniファイルを入る。
…という手順を取れば、スマートに解決するのではないかと考えています。
なかなか、勉強になりました(^^;)。
投票数:12 平均点:5.83

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
adesu 2022-10-2
thamtutugh 2022-10-2
daiphuc 2022-10-2
enegima 2022-10-2
yxucaciz 2022-10-2
ikuzuxina 2022-10-2
eqojyjyw 2022-10-2
itevyros 2022-10-2
tulika7090 2022-10-2
saigons 2022-10-2
 最近の画像(画像付)
自作11機目 F/A-18... (2022-5-27)
自作11機目 F/A-18...
飛んでみる八尾空港 (2022-4-10)
飛んでみる八尾空港
作ってみる八尾空港 (2022-4-2)
作ってみる八尾空港
F117 nighthawk (2021-5-19)
F117 nighthawk
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET