logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
25 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 25

もっと...

FlightGear Mac OS X CVS - Mac OS 10.4(Tiger) 対応中止について

このトピックの投稿一覧へ

なし FlightGear Mac OS X CVS - Mac OS 10.4(Tiger) 対応中止について

msg# 1.4
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-10-5 1:31 | 最終変更
Tat  長老   投稿数: 375
FlightGear / CVS 版の Mac における Mac OS 10.4 (Tiger) 対応のを中止をご連絡します。

最近 Xcode の gcc 4.0 でビルドした FlightGear が起動直後に不可解なクラッシュを繰り返していました。調査した限りでは GCC の最適化に問題があるようです。

この理由は、-Os/-O2/-O3 のいずれかの最適化オプションをつけてビルドすると static 変数の初期化時(main が呼ばれる前) に SGUpdateVisitor というクラスの typeinfo name で segmentation fault が発生してしまうものです。-O0(最適化なし)だとフレームレートはかなり下がるものの問題は発生しません。また、コードを見る限りでは問題はなさそうですし、他のプラットフォームではこの問題は発生していません。ということは Mac の GCC に問題がある可能性が高いということになります。

そこで GCC のバージョンを 4.0 から 4.2 へと変更してみたら、この現象は発生しなくなりました。これで一件落着と言いたい所ですが、困った事に GCC 4.2 は Mac OS 10.5 にしか対応していません。10.4 対応でビルドすると必要なヘッダがないためコンパイルエラーがでてしまいます。

自分で gcc 4.2 または 4.3 をインストールしてしまえば問題ないのでしょうが、Mac の場合、色々パッチを当てたりビルドしてテストしたりと環境を構築するのに時間が掛かってしまい、本業の方になかなか時間が割けなくなりそうです。GCC 4.2 への移行時でも Apple が提供する OpenAL のヘッダがビルドエラーを起こして(これは明らかにバグです)、パッチを当てる必要があったりしますので、あまりこの辺に深く突っ込みたくはないですね。

そんなこんなで、残念ではありますが、この問題が解決するまでは次の CVS 版リリースから Mac OS 10.4 への対応を中止します。何人かのユーザの方にはご迷惑をおかけすると思いますが、ご理解の程宜しくお願い致します。Mac OS 10.4 で CVS 版を試したい方は、FlightGear-cvs-bin-20080918.dmg をダウンロードしてください。

なお、Mac OS X 10.5 (Leopard) では今まで通り i386/ppc の両方に対応しています。また、FlightGear 1.0.0 は i386/ppc に対応しています。
投票数:20 平均点:3.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
aruny 2024-4-23
asubawa 2024-4-22
matkamobi 2024-4-22
ehypem 2024-4-22
ovazahur 2024-4-22
adaniqoxa 2024-4-22
ugiduvew 2024-4-22
aeco 2024-4-22
odejyt 2024-4-22
ujewa 2024-4-22
 最近の画像(画像付)
自作11機目 F/A-18... (2022-5-27)
自作11機目 F/A-18...
飛んでみる八尾空港 (2022-4-10)
飛んでみる八尾空港
作ってみる八尾空港 (2022-4-2)
作ってみる八尾空港
F117 nighthawk (2021-5-19)
F117 nighthawk
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET