logo
ホーム •  フォーラム •  日本語wikiトップ •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 米国サイト
 オンライン状況
32 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 31

ejupyw もっと...

T-4 製作記 - 機体パッケージについて

このトピックの投稿一覧へ

通常 T-4 製作記 - 機体パッケージについて

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007-12-18 8:39
Tat  長老   投稿数: 375
まずは機体パッケージについて説明します。T-4 には以下のファイルが存在することになります。(2007/12/17現在はまだ上の3つしか存在しませんが、完成時にはこれだけあるはずです :-p)

- 機体設定ファイル: <機体名>-set.xml
- フライトモデル: <機体名>.xml
- エンジン設定ファイル: Engines/*.xml
- 機体の3Dモデル: Models/*.{ac, xml}
- 計器の3Dモデル: Instruments/*.{ac, xml}
- 計器用テキスチャ: Instruments/*.rgb
- Nasal スクリプト: Nasal/*.nas
- スプラッシュスクリーン画像: splash*.rgb
- サムネイル加増: thumbnail.jpg
- サウンド設定ファイル: <機体名>-sound.xml

フォルダ構成やファイル名は機体設定ファイルで自由に設定できるため、機体ごとに異なります。しかし、それぞれおおよそ想像の付くフォルダ名やファイル名になっていると思います。また、機体設定ファイルを見れば、どこに何があるかがわかります。

さて、1つの機体にはどのくらいのファイルが必要なのでしょうか。 A6M2 では57ファイルありますし、p51に至っては 92ファイルが存在しています。何がそんなに多いのでしょうか? 実はこれらの機体データのほとんどが計器の3Dモデルとテキスチャです。エンジンなどのサウンドもそれぞれのパッケージに含まれるでしょう。

では、最低限必要なファイルは何でしょうか? それは機体設定ファイルとフライトモデルです。フライトモデルが Yasim の場合はxmlファイルが1つです、T-4は現在 JSBSim ですので これに加えて Engines フォルダ内の2つのファイルが必要になります。これら数個のファイルさえあれば FlightGear 上で機体を飛ばせるようになります。但し3Dモデルがないので、ポリゴングライダーを見ながら飛ぶことになります。機体の3D モデルは最低限欲しいなということであれば3Dモデル設定ファイル(T-4xml)と3Dモデルファイル(T-4.ac) の2つを追加すればとりあえず遊べる機体となるでしょう。
投票数:29 平均点:5.17

投稿ツリー

  条件検索へ


 検索

高度な検索
 新しい登録ユーザ
ejupyw 2024-4-23
efynom 2024-4-23
aruny 2024-4-23
asubawa 2024-4-22
matkamobi 2024-4-22
ehypem 2024-4-22
ovazahur 2024-4-22
adaniqoxa 2024-4-22
ugiduvew 2024-4-22
aeco 2024-4-22
 最近の画像(画像付)
自作11機目 F/A-18... (2022-5-27)
自作11機目 F/A-18...
飛んでみる八尾空港 (2022-4-10)
飛んでみる八尾空港
作ってみる八尾空港 (2022-4-2)
作ってみる八尾空港
F117 nighthawk (2021-5-19)
F117 nighthawk
HiTouchさん宛の画像... (2020-11-8)
HiTouchさん宛の画像...
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET